会社概要

Company profile

江戸時代の老舗旅館の伝統に、
新時代の風を吹き込む。

加賀百万石の洗練された文化が花開いた江戸時代、石川県の山中温泉で創業した老舗旅館が大志満の始まりです。
加賀料理は、京懐石の影響を受け、地元のすぐれた素材を活かすことで独自の発展をしてまいりました。
この古き良き伝統を受け継ぎ、昭和46年開業以来、
加賀料理の伝統と旅館で培った“おもてなしの心”をしっかりと受け継ぎ、
多くのお客様から評価をいただいて、加賀料理の「大志満」はひとつのブランドとなりました。
また、業界で初めて注文から精算までを一括してコントロールすることが可能な「飲食店・オーダー・管理システム」を日本電気と共同開発。特許(題1704579号)を取得するなど進取の気風にも富んでいます。

磨いた技が、
大志満の加賀料理を支えています。

大志満の味を創造し、加賀料理の伝統の継承に励んでいる調理人は日々研鑽に勤めています。
全ての食材を独自の厳しい目で吟味し、魚介類や野菜などの主材料だけでなく、
塩、醤油、味噌などの調味料にもこだわりを貫いています。
こうした厳選された食材を調理するのは、修練を積んだ職人たちです。
昔の飲食店は厳しい上下関係や労働条件のイメージがありますが、大志満は早くから改革に取り組み、
現在では女性を含む若い調理人たちが、高い志と誇りを持ってのびのびと調理に励んでいます。

お客様に喜んでいただくことが、
私どもの大きな喜びです。

一期一会の心、大志満はお客様への心を尽くしたおもてなしを何よりも大切にしています。
一皿一皿に心を込める調理人はもちろん、
各店の従業員一人一人はお客様をおもてなしすることを大切にするプロフェッショナルです。
また、店舗やお部屋の内装からお料理を盛る器のひとつひとつに至るまで、
お客様に心地よく感じていただけるよう
細心の配慮のもとに選ばれています。
これら全てのものがひとつになって、大志満の世界と価値が形成されています。
大志満を愛してくださる全てのお客様を私どもは心を込めてお迎えいたします。

沿革

1971年07月
ホテルパシフィック東京に和食堂を開業
1980年03月
新宿小田急ハルクに出店
1980年11月
横浜ルミネに出店
1983年11月
銀座コアに出店
1989年01月
新宿店(小田急ハルク)を拡張
1996年04月
玉川高島屋SC本館に出店
1999年11月
ホテルグランパシフィック LE DAIBA に出店
2002年11月
新宿店にすし勘六を出店
2004年03月
高輪店を増床リニューアル
2004年10月
丸ノ内ホテルに大志満 椿壽を出店
2009年09月
横浜店を横浜ベイホテル東急に移転

会社概要

社名
株式会社 大志満
本社
〒108-0074
東京都港区高輪4-1-18 高輪ビル3階
資本金
35,000,000円
代表者
代表取締役 大嶋康典
事業内容
和食レストラン
従業員数
180名
事業所数
6事業所 8店舗